読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花便り花通信2

季節の花便り、撮影日記、奈良の世事、

ナラノヤエザクラ*~桜だより

ナラノヤエザクラ奈良の八重桜)もしくはナラヤエザクラ奈良八重桜)(学名: Prunus verecunda 'Antiqua')はサクラ栽培品種の一つ。オクヤマザクラカスミザクラ)の変種で、4月下旬から5月上旬に開花する八重桜である。他の桜に比べて開花が遅く、八重桜の中では小ぶりな花をつけるのが特徴である。

f:id:hana9love:20160422221405j:plain

「奈良の八重桜」はれっきとした八重桜の一品種であり「奈良に植わっている八重桜」の総称ではない。

ナラノヤエザクラは落葉高木であり、カスミザクラが重弁化した変種であると考えられている。ナラノヤエザクラの繁殖力は極めて弱く、殖やすのが非常に難しい。樹勢は弱く、寿命も短い。後述する「知足院奈良八重桜」も1923年に天然記念物に指定された樹は既に枯れてしまっている。

wikipediaよりの引用です

 

花びらが開花してから、徐々に紅くなる特徴があるということで

でも実際傷んでいくので、白いものより紅い花を撮るのはなかなか

いい花には出会えません。

花の撮影において、当方のMottoは蕾のあるうちに撮るなので

難しいところです

f:id:hana9love:20160422222122j:plain

紅くて花びらが綺麗に残っていたものの、

撮影直後にひらひらと数枚が落ちて行きました

f:id:hana9love:20160422222305j:plain

 

f:id:hana9love:20160422222531j:plain

f:id:hana9love:20160422222556j:plain