読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花便り花通信2

季節の花便り、撮影日記、奈良の世事、

木立ダリア~馬見丘陵公園

木立ダリア(皇帝ダリヤ)

f:id:hana9love:20161113203725j:plain

by Wikipedia

キダチダリア(木立ダリア、学名 Dahlia imperialis)は、高さ8-10メートルになるダリア属の種で、メキシコ中米コロンビアの原産。日本では学名を訳した「皇帝ダリア」等の別名でも呼ばれる。

高地・山地の植物で、標高1,500-1,700メートルの所に生育する。塊根を有する多年草で、冬期の休眠の後急速に生長し、脆く竹のような膨れた節のある四角形の茎と、大きな3回羽状複葉を展開し、地面近くの葉はすぐに日陰に入ってしまう。懸垂しまたは下向きに咲く頭花は直径75-150mmで、舌状花はラベンダー色または紫がかったピンク色をしている[1][2]

本種は生長が速く、急激な生長は短日条件により起き、普通秋の最初の霜の下りる前に開花する。繁殖は種子、または少なくとも2節を持つ長さ30cm程の茎を土中に水平に置く挿し芽による[3

 

f:id:hana9love:20161113203929j:plain

 

紅葉

f:id:hana9love:20161113203954j:plain